エントリー

カテゴリー「4年生の活動」の検索結果は以下のとおりです。

4年生_整理整頓

きれいに並べられた水筒

よく見ると、手前が背の低い水筒、奥が背の高い水筒になっています。

随分きれいに並んでいるね。と言ったら、並べた本人は、にっこり。

次の日も、同じように、観客席のように並んでいました。

整理整頓して、人に褒めてもらったり、声をかけてもらえるというのは嬉しいものです。

きっとこの子は、いろんな人が驚いてくれたり、楽しんでくれることを思い浮かべながら

整理整頓してくれたことでしょう。

ちょっとした気遣いや思いが、お互いの気持ちを温かくしてくれます!

DSC04126.jpg

4年生_都道府県かるたに夢中

土曜日の親子学級の日に、都道府県カルタを行います。

お試しで、先日授業で行ったところ、「次の放課にカルタをやって良いですか」

と聞かれました。土曜日の本番も近いので、「いいよ」と許可したところ、

何人かの子達が集まってきて、熱中していました。

さらに次の放課には、個人的にカルタを借りに来て、カードに書いてある

各県の特徴をノートにまとめ始める子も出現!

実は、この特徴を知っていれば、カルタでは有利に札をとれます。

今から土曜日が楽しみです!!

DSC04132.jpg

6月11日(火) 4年生_立ち上がれねんど!

DSCN1380.jpg

DSCN1381.jpg

図画工作の時間です。

粘土がうまく立つように工夫をして、作り上げていきます。

来週はいよいよ本番の紙粘土でつくります。ステキな作品を期待しています!

4年生_金魚の異変

「先生!金魚が白くなってる!」

「これは、カビだね。金魚が体調を崩したり、弱ったりしているんだ。」

早速次の放課に小さい水槽を用意し、食塩をいれて塩浴させてみました。

数時間そのままにしておいたら、  「先生、白いのがとれてきた!」  

本当だ。私自身、カビが増えて復活させられた経験が無いので、私の方がびっくり。

しばらく様子を見て、元気も出てきたようなので、

「網ですくって、もとの水槽にもどしてあげよう。だれかやってあげて。」

と、子どもに頼んだらこの人だかり。

網はどこだ、ここにあるぞ。誰がやる?では俺が。

2つの水槽が離れているから、なんとか近づけよう。

水槽をこっちへずらそう。ここのスペースをあけようか。

ピチピチはねる金魚と格闘開始・・・・・  云々

見守るだけの子達も含めいろいろな大切な経験ができたことでしょう。

生き物を飼うのは大変ですが、それだけの価値はあるなあと感じます。

DSC04050aaa.jpg DSC04051.jpg

DSC04052.jpg

4年生_話し合い

グレープフルーツが2つ余っていました。

声をかけたら、4人の子が「ほしい」と言いました。

そこで、どのように分けるか、この4人にまかせることにしました。

普通なら、ジャンケンで勝った2人がもらうのでしょうが、今回は様子が違いました。

2つのグレープフルーツを更に分割し、4人で分けてはどうかと誰かが言いました。

他の子もその意見に賛成のようです。

では、誰が分割の作業をするのか。

おそらく完璧に等分できないであろう分割した物は、誰がどの一片をもらうのか。

まだまだ、話し合いは続きます。

自分の意見を言ったり、友達に譲ったり、思いを主張したり、一歩引いたり・・・・・・

日常の光景ではありますが、こういう友達とのやりとりを通して、友達の気持ちを理解し、慮る心が育っていくと感じます。

是非、心優しい人に育ってください。

DSC04042.jpg DSC04043.jpg