エントリー

1年 国語「こえにだしてよもう」

「てんとうむし」という詩をどのように読むとよいかを、隣の席の子と話し合っています。 「やさしいこえで」「てんとうむしの気持ちになって」など、それぞれ工夫して練習していました。 発表会が楽しみです。 1-8-1.jpg 1-8-2.jpg 1-8-3.jpg 1-8-4.jpg 1-8-5.jpg

関連エントリー

  • 関連エントリーはありません。

ページ移動

ユーティリティ

インフォメーション

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -