エントリー

  • 2015/05/25

心肺蘇生講習会

ファイル 904-1.jpgファイル 904-2.jpgファイル 904-3.jpgファイル 904-4.jpg

夏のプールに向けて、毎年実施している「心肺蘇生講習会」が行われました。講習では、一次救命処置について手順を確認したり、人体模型などを使って実習したりしました。
心肺が停止し、倒れている人を救うためには、まずは(近くに人がいれば依頼して)119番通報をすること。そして、胸骨圧迫(以前、心臓マッサージと呼んでいたもの)を、強く、速く、絶え間なく続けることが大切だと教えていただきました。これまでのイメージとしては、心肺蘇生といえば「人工呼吸」でしたが、マウスツーマウスによる感染防止等の考えから今のガイドラインでは「可能なら実施」とされているそうです。
一緒に参加した保護者の方とも話したのですが、実際救命処置が必要な場面に遭遇したとき、平常心を保ち冷静に対応できるか、正直心配です。だからこそ、本講習会を受けておくことが大切なのだと思いました。

関連エントリー

  • 関連エントリーはありません。

ページ移動

ユーティリティ

インフォメーション

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30